難易度がある

自宅の庭や敷地、建物や工場などの敷地の木の伐採が必要になった際、専門の業者に委託することが望まれます。木を伐採する理由は様々ですが、多くの場合、伐採と同時に伐根や周囲の清掃や跡地の整地、さらに伐採した木の処理なども必要になります。また伐採対象の本数が多い場合や高い木の場合、特殊な機器の使用が必要になることから、事前の調査も必要です。伐採作業を専門に行っている業者のほとんどが、まず現地の調査を求めます。これは、作業にかかる前に、実際にどのような手法で作業を行えるかを確認すると同時に、費用を算出するためです。対象の木の高さや幹の太さ、さらに周囲の状況により作業の難易度が変わります。この作業の難易度が作業にかかる時間と費用を決めることになります。

伐採作業の手間と時間、さらに費用を決める際に用いられる難易度は、ほとんどの業者に共通しています。高さが3メールの木と15メールの木、単純な道具だけで作業ができる場合とクレーンなどの揚重機が必要な場合、周囲に遮蔽物がない場合と隣家に接している場合では、当然、難易度が異なります。一般的に、作業の難易度を測る基準として、木の高さ、幹の太さ、木の周辺の障害物の有無、本数、電線の干渉、高度技術の必要性などをある程度数値化しています。これらの基準に基づいて、作業にかかる時間や費用を算出するというのがほとんどの業者に共通した考え方です。したがって、伐採作業を委託する場合、事前に可能な限り障害物を取り除いたり、作業が容易になるような配慮を行うことが必要です。